出汁

img_1184

イカロでは魚骨や精進もとりますが、鰹昆布は、一番だしのみを使用しております。

昆布の旨みは上手にとったあとでも6割くらいは残るようです。
なのでそこにもう一度何種か他の旨みを戻してやって、塩昆布を炊きます。
今回は椎茸昆布。
写真写りは地味ですが、いい利尻昆布ならではの仕上がりになっていると思います。

お土産にもどうぞ!